お薦め

女性らしさと健康のキープに

イソフラボンは女性ホルモンの一種であるエストロゲンによく似た働きをすることから、女性のための栄養素と言われています。
特に大豆に多く含まれているので、よく「大豆イソフラボン」という行頭文字付で話題に上ります。

女性ホルモンのバランス以上から、のぼせやほてり、憂鬱や不眠、腰痛や倦怠感といったつらい症状のでる更年期障害はもちろん、美容にも効果があるとされています。
また、イソフラボンにはこのほかにも、美容・健康の面において様々な効果があります。

その一例を挙げると、たとえば
・美白、透明感、張りといった肌質の向上
・バストアップ
・生理不順などの改善
・動脈硬化の予防
・骨粗鬆症の予防
・乳がんの予防
といったものがあります。

特に骨粗鬆症と乳がんは女性がかかりやすく、生活に大きく影を落とすものですので、それが予防できるというのはありがたいですね。
女性ホルモンと似た働きをするから更年期障害や女性らしさに良いというのは何となくわかります。
ただ、骨粗鬆症や乳がんの予防というのはちょっと不可解な気がします。
しかし、これにはしっかりとした根拠があるのです。

まず骨粗鬆症。
骨のカルシウム密度が低下し、骨がすかすかになるのが骨粗鬆症。
女性の場合、閉経後に女性ホルモンが減少し、骨からカルシウムが溶け出すことで起こります。
イソフラボンは女性ホルモンバランスを正常に整え、カルシウムの溶けだすのを抑えてくれる効果があるのです。

次に乳がん。
女性ホルモンの過多によって引き起こされると考えています。
イソフラボンは女性ホルモンが少なければそれを補い、多すぎればそれを抑制することで乳がんを防いでくれます。
もともとは女性の乳がん予防のために研究・開発されていた経緯からもそのことがわかります。
ただし、いずれの場合も治療薬とバッティングしてしまう恐れがありますので医療機関での治療中は専門医の確認・指導を受けることをおすすめします。