お薦め

グリコシド型

大豆製品に多く含まれるとされるイソフラボン。
特に女性から様々な効果が期待される栄養素です。

さて、このイソフラボンには大きく分けて2つの種類があります。
それがグリコシド型とアグリコン型。

今回はこのうち、グリコシド型のイソフラボンについてその特徴をまとめていきます。

グリコシド型のイソフラボンは、納豆・豆腐・きなこなど一般の大豆製品に含まれているそのままの形のイソフラボンです。
また、イソフラボンを多く含む食品の詳しい解説はこちらのサイトをご覧ください。
糖が結合しているため分子量が大きく、胃では吸収されないため腸まで届き、糖の分子が外されてから初めて吸収されます。

少し難しいですね。
そこでもう少し簡単にしてみます。

グリコシド型のイソフラボンはその粒の周りに糖の粒がくっついています。
そのため1粒1粒の大きさが大きく、胃では吸収されません。

これが吸収されるのは腸の中に入ってから。
腸には様々な腸内細菌が生息しており、その中にグリコシド型イソフラボンの粒の周りに付いた糖の粒を外す菌がいます。
彼らによって糖が外されて、初めて吸収される形になるのです。

こうしてみると、グリコシド型のイソフラボンは吸収率が悪いのであまり良くないのではないかと思われがちです。
ただこの点については、未だに専門家の間でも意見が分かれています。

確かにアグリコン型の方が胃でも吸収される。
ただし、最終的に吸収される量としてはグリコシド型もアグリコン型も変わらないという意見もあるわけです。
それどころか、体質によってはグリコシド型よりアグリコン型の方が吸収率が高いという意見すらあります。

これについて結論が出るには、もっとデータを蓄積し、専門家同士が十分な議論をしなければならないため、まだしばらく時間がかかりそうです。

いずれにしても、イソフラボンには2種類の形があるということを知っておけば、どちらが自分に合っているのかという判断材料・選択肢があるという意味で有用です。
またイソフラボンを過剰摂取するとどうなるかなども知っておくと良いでしょう。

ちなみに現在日本で一般に販売されているイソフラボンのサプリメントは、そのほとんどがグリコシド型となっています。

こちらのサイトにホルモンバランスについての詳しい説明がありました。ぜひ、ご覧ください。